宮城のニュース

<最低価格落札>大崎市、入札3件中止決定

 宮城県大崎市は3日、5日に予定していた市発注の測量関連の指名競争入札3件の中止を決め、参加業者に通知した。
 中止について市の担当者は「一層の入札適正化のための確認作業のため」と説明している。市は本年度の測量関連の入札で応札下限の「最低制限価格」での落札が頻発していることから、近く入札参加業者から事情を聴く予定。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月04日火曜日


先頭に戻る