宮城のニュース

民家全焼し幼児ら3人死亡、住人の男逮捕

3人が焼死した火災現場の民家=4日午前8時49分、宮城県登米市迫町

 4日午前2時半ごろ、宮城県登米市迫町佐沼鉄砲丁の民家から出火、木造モルタル2階の住宅約260平方メートルが全焼した。焼け跡から30代ぐらいの女性と3歳女児、1歳男児の遺体が見つかった。佐沼署は同日、現住建造物等放火の疑いで、この家に住む会社員島谷嘉昭容疑者(40)を逮捕した。
 佐沼署によると、島谷容疑者は自宅2階の寝室の布団にライターで火を付けて放火した後、車で逃走した疑い。自宅付近を走行中、署員に発見された。
 現場は登米市役所から東へ約1・5キロ離れた住宅街。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月04日火曜日


先頭に戻る