宮城のニュース

空き家の相談会仙台市が開催へ あす受け付け開始

 仙台市は6日、空き家の管理や活用に悩んでいる人が複数の専門家に無料で個別相談できる「空き家総合相談会」の受け付けを始める。事前予約制で先着18人まで。相談会は29日午前10時〜午後5時、市役所上杉分庁舎で開く。市が空き家に関する市民向け相談会を開催するのは初めて。
 市内の空き家の所有者や管理者のほか、空き家を今後所有する見込みのある人が対象。法務、不動産、建築などの分野の専門家7人が相談に応じる。相談時間は1人45分間。
 6日午前10時から電話かファクスで申し込みを受け付け、定員になり次第終了する。電話受け付けは平日午前10時〜午後5時。連絡先は市民生活課の電話022(214)6146、ファクス(214)1091。
 市内の空き家は最新の統計(2013年)で5万6030戸に上り、全住戸に占める割合(空き家率)は10.0%。市は本年度内に相談会をさらに2〜3回開く予定。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年07月05日水曜日


先頭に戻る