宮城のニュース

<楽天>釜田4勝目 要所締め、主導権渡さず

6回2失点で4勝目を挙げた東北楽天の先発釜田

 東北楽天の釜田が6回2失点と先発の役割を果たし、4勝目を挙げた。「走者を多く出してしまったが、なんとか粘れた」と大きく息をついた。
 毎回走者を背負った6月13日のヤクルト戦の反省を踏まえ「三者凡退でリズムをつくりたい」と約3週間ぶりのマウンドに上がった。走者を許さなかったのは三回の1度だけだったが、自己最速154キロの直球を要所で決め、試合の主導権を渡さなかった。
 球宴明けのシーズン後半戦は6連戦が7週間続く。「与えられたチャンスをものにしていきたい」と再び先発枠入りを視野に入れた。


2017年07月06日木曜日


先頭に戻る