宮城のニュース

高校生の力作196点集めた美術展

高校生の感性豊かな作品が並ぶ美術展

 宮城県南地方の高校美術部員らの力作を集めた仙南高校美術展が、白石市沢端町の市いきいきプラザで開かれている。9日まで。
 仙南高校美育研究会の主催で、58回目。I部(絵画)、II部(デザイン、彫刻、工芸、その他)の両部門に15校から計196点が出品された。各校の美術部顧問らによる審査の結果、白石高3年の小石川卓広さんの油彩画「カニクレーン」が、最高賞の仙南高校美育研究会長賞に輝いた。
 小石川さんの作品は、身近な重機のある風景を丹念に描き込んだ。明暗のコントラストを際立たせ、重機の重厚さや金属の硬質感を表現している点が評価されたという。
 入場無料。午前9時〜午後4時半(最終日は午後1時まで)。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年07月07日金曜日


先頭に戻る