福島のニュース

復興補助金不正受給疑い 元NPO幹部逮捕

 東京電力福島第1原発事故の復興支援などに対する福島県の補助金を不正受給したとして、福島署は5日、補助金適正化法違反の疑いで、福島市のNPO法人「NPOほうらい」の元副理事長で会社役員高荒弘志容疑者(60)=福島市蓬莱町1丁目=を逮捕した。
 逮捕容疑は2016年5月、私的な買い物の領収書などを県に提出し、15年度の補助金約70万円を不正に受け取った疑い。
 県は16年11月、ほうらいが架空の人件費を計上するなどして13〜15年度に計約540万円を不正に受け取ったとして、詐欺容疑で福島署に告訴していた。同署は残る470万円の立件も視野に入れ、裏付け捜査を進める。
 ほうらいは高荒容疑者が実質的に1人で運営。今年1月に解散し、破産手続きを進めている。


関連ページ: 福島 社会

2017年07月06日木曜日


先頭に戻る