福島のニュース

福島に響け「満月の夕」猪苗代でライブ

山口洋さん
中川敬さん

 阪神淡路大震災を機に誕生し、東日本大震災の被災地でも歌われた曲「満月の夕(ゆうべ)」を福島で響かせようと、作詞・作曲した2人が参加するライブが満月の9日、福島県猪苗代町の猪苗代野外音楽堂で開かれる。
 2人はロックバンド「ヒートウェイヴ」の山口洋さん(53)と、兵庫県出身で「ソウルフラワーユニオン」の中川敬さん(51)。企画した福島県郡山市出身の女性シンガー・ソングライターChano(チャノ)さん(26)らとそれぞれ歌を披露し、「満月の夕」をセッションする。
 「満月の夕」は阪神大震災のあった1995年、中川さんと山口さんが共作した。復興への祈りなどを、それぞれ異なる歌詞に表現し、避難所などで歌った。
 福島県内を中心に活動するChanoさんは「聞く人それぞれに思い出す情景があるはず。曲を知っている人も知らない人も足を運んでほしい」と話す。
 午後2〜7時。会場で県内のバー、カフェなど6店が飲食物を販売する。前売り3500円、当日4000円。連絡先は猪苗代野外音楽堂のウェブサイトか担当者090(5357)3381。


関連ページ: 福島 社会

2017年07月06日木曜日


先頭に戻る