宮城のニュース

<仙台地裁切り付け>殺人未遂罪で男を起訴へ

 仙台地裁で被告の男が判決宣告中に刃物を振り回し、取り押さえようとした警察官2人が切り付けられた事件で、仙台地検は殺人未遂容疑で送致された無職淀川聖司容疑者(30)を7日に起訴する方針を固めたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。殺人未遂罪を適用するとみられる。
 淀川容疑者は犯行時、刃物を逆手で持ち、2人の背中や顔などを刺したり切り付けたりしたことが新たに分かった。捜査関係者は「殺意の裏付けになる」とみている。
 宮城県迷惑防止条例違反(盗撮)の罪に問われた淀川容疑者は6月16日の公判で、判決理由の朗読中に「でたらめ裁判だ」などと叫んで傍聴席前の柵を乗り越え、取り押さえようとした警察官2人を刺すなどした。傷は少なくとも計7カ所に及び、背中の傷は肺近くまで達していた。
 淀川容疑者は保釈中で、入廷前の身体検査や持ち物チェックはなかった。スーツのポケットに果物ナイフ3本とカッターナイフ2本を隠し、法廷内に持ち込んでいた。
 関係者によると、淀川容疑者は「殺そうとはしていない」と殺意を否認している。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月07日金曜日


先頭に戻る