宮城のニュース

<放火母子死亡>2児通う保育園が焼香台

 宮城県登米市迫町佐沼の民家から会社員島谷美由さん(31)と、長女真央ちゃん(3)、次男叶佑(きょうすけ)ちゃん(1)とみられる幼児2人の焼死体が見つかった事件で、幼児2人が通っていた同市迫町の錦保育園の一村則広園長(66)が6日、取材に応じ、隣接する松栄寺に焼香台を設置したことを明かした。
 焼香台は本堂にあり、園のイベントなどで撮影した3人の写真が供え物とともに置かれている。悲報を受け、一村園長が「冥福を祈る場を」と設置した。
 一村園長は「美由さんは仕事と育児の両立に懸命だった。真央ちゃんはおとなしい性格で、積み木遊びをする姿が印象に残っている」と思い出を語った。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月07日金曜日


先頭に戻る