宮城のニュース

<Eカルテ>佐々木信行/「強さ本物」思い強く

佐々木信行さん

 前半戦の天王山と注目された6月30日〜7月2日のソフトバンク3連戦(コボパ宮城)は全て1点差の接戦となり、東北楽天が1勝2敗と負け越した。しかし、私は「今年の東北楽天の強さは本物だな」との思いを強くした。

<成長を見せた安楽>
 1戦目は今年の投手層の厚さが出た。先発の柱になってほしいと期待される安楽がよく投げ、4−3に迫られながら五回を抑え、今季初勝利を挙げた。
 この回、柳田に2ランを浴び、なお2死一塁となった後、松田に真っすぐをファウルで粘られた。フルカウントから嶋はいちかばちかで変化球を要求したと思う。ここでストライクゾーンに投げ切り、空振り三振に仕留めた。
 前回4回2/3で降板した安楽にとり、勝てる投手になれるかどうか分かれ目の場面。しっかり抑え、成長を見せてくれた。その後の継投で1点差を守る流れをつくり、首脳陣の信頼も得たと思う。
 2戦目は今年の打線の迫力が出た。五回に7点を取られて4−9とされた直後、すかさず4点を返し、1点差の接戦に持ち込んだ。
 この回、相手守備と投手陣が乱れ、2失策と2四球を得点につなげた。ソフトバンクは普通、5点差がついた状況であんなにばたつかない。ペゲーロから始まったこの回の打線が相手に重圧をかけたのだろう。
 3戦目は続投させた先発岸が八回に崩れ、この回途中から救援した2番手松井裕が失敗した。投手交代は難しいが、僕でも同じ選択をしただろう。岸の球数は七回まで108と少なく、続投させたくなる。八回途中1点リードの場面で送り出すのは一番信頼できる松井裕だと思う。

<ミスが勝敗分ける>
 むしろ指摘したいのは、この回のウィーラーの失策だ。松井裕の登板直後の1死一、二塁、三塁前へのゴロを捕球エラーしてピンチを広げ、逆転負けにつながった。イレギュラー気味のバウンドで気の毒だが、記録が失策となった以上、失策だ。
 第2戦でも、嶋が五回無死一、三塁の守備で、三走を挟んだ状況から三塁を狙った一走を刺そうと三塁に送球し、オールセーフにするミスがあった。この場面のセオリーは本塁に近い走者から確実にアウトにすること。もちろん嶋は分かった上で高度な併殺プレーを狙ったが、このミスで試合の流れを失った。敗れはしたが、第2、第3戦とも紙一重。上位チームとの対戦は、わずかなミスが致命的になる。
 ペナントレースは間もなく折り返し。3位西武も侮れないが、力と勢いからみて、東北楽天とソフトバンクの2チームが最後まで優勝を争う展開となるだろう。
 両チームの力は拮抗(きっこう)するだけに、今後の対戦でも一つのミスが勝敗を分ける。ミスを減らすとともに、相手に重圧を掛けてミスを誘うためにも、茂木の復帰やアマダーの復調に期待したい。(プロ野球解説者、東北工大野球部ヘッドコーチ)


2017年07月07日金曜日


先頭に戻る