秋田のニュース

市営住宅で小6女児死亡 4階から転落か

 6日午前7時55分ごろ、秋田県能代市大瀬儘下(まました)の市営住宅前で女児が倒れているのを近所の人から連絡を受けた女児の母親が見つけ、119番した。女児は市内の小学校に通う6年生で、市内の病院で死亡が確認された。自宅の市営住宅4階ベランダから転落したとみられる。能代署は自殺と事故の両面で調べている。
 関係者によると、女児は母親と弟の3人暮らし。発見時、母親と弟は小学校への送迎のため車に乗っており、女児を待っていた。
 市教委によると、小学校が毎月行っているアンケートでは悩みがある様子はなく、いじめなどのトラブルも聞いていないという。


関連ページ: 秋田 社会

2017年07月07日金曜日


先頭に戻る