広域のニュース

<JR東>五能線など電気式ディーゼル車運行へ

五能線などに導入する電気式ディーゼル車のイメージ(JR東日本提供)

 JR東日本は、ディーゼル発電した電気でモーターを回す電気式ディーゼル車の運行を早ければ2018年度に始める。電気式ディーゼル車の導入は同社初。
 新型車は「GV−E400系」。車体はステンレス製で1両と2両編成がある。1両編成の場合、定員は99人で、現在のディーゼル車の96人と同程度。
 18年に3両を新造し、性能試験をする。19年度までに山形、福島、新潟各県の一部路線に計37両、20年度に青森、秋田両県の奥羽、五能、津軽各線に計23両を導入する。
 電気式は電車の駆動システムにエンジンと発電機を加えた。変速機などディーゼル車特有の機械を減らし、電車と同じ部品を使うことで整備しやすくする。
 国鉄時代の1977年から走る旧型車両は順次置き換える。


関連ページ: 広域 経済

2017年07月07日金曜日


先頭に戻る