宮城のニュース

40年すし握り続けた女性店主 のれん下ろす

 ◇…「また食べに来るからね」と帰って行く客に、「もう来なくていいよ」と笑って見送る女性店主。店先でそんなやりとりが数日間続いた仙台市青葉区一番町の「食事処(どころ)よごろう」が6月末、店じまいした。
 ◇…店は開業65年。店主浅野知子さん(82)が約40年間、1人ですしを握ってきた。浅野さんは高齢を理由に店じまいを決めた。
 ◇…最終日の午後11時すぎ、「あしたも店開けてよ」と惜しむ常連に、「耳が遠くなってね。聞こえないよ」と浅野さんはほほ笑みながらのれんを下ろした。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月09日日曜日


先頭に戻る