宮城のニュース

<ベガルタ>三田「いいところ出せなかった」

 「立ち上がりの神戸はそれほど良くなかったが、仙台が合わせたことで相手に流れが行った。自分たちのいいところを出せなかった」。試合後、三田は悔しげに振り返った。
 前半29、31分に立て続けに失点し、神戸と神戸サポーターを完全に乗せてしまった。反撃したい仙台は三田のシュートを含め、相手と同じ14本のシュートを放ったが、ゴール枠をとらえることはできなかった。
 先制され、主導権を握れない試合が続いている。「最近、失点が多いのは事実。カウンター対策や1対1でどう守るかをしっかり見直したい」と厳しい表情で課題を挙げた。


2017年07月09日日曜日


先頭に戻る