宮城のニュース

<仙台市長選>候補者に言いたい 将棋五段

熊坂学さん(40)将棋教室主宰・宮城野区

 仙台市長選(23日投開票)が始まり、まちの未来を巡る舌戦が各地で繰り広げられている。杜の都の新たなリーダーに、人々は何を求めるのか。各方面から候補者に直言してもらう。(仙台市長選取材班)

◎熊坂学さん(40)将棋教室主宰・宮城野区

 将棋五段です。父親の影響で始め、25歳で念願のプロ棋士になりました。2年前に現役を引退して自分の教室を開き、普及活動に力を入れています。最近、藤井聡太四段が最多連勝記録を塗り替えて注目を集めています。彼はとにかくすごい。後にも先にも出ない逸材だと思います。
 月に4回、「杜の熊さん将棋教室」を開いています。常設の会場を持っていないので、公共施設の会議室を借りています。私のように常設の会場を持たない団体やサークルは多くあると思います。安価で利用できる公共施設はとてもありがたいです。
 ただ、そうした施設を借りることは簡単ではありません。使いたい人がたくさんいるので、抽選で落ちると使えません。1年前から予約可能な施設は、その日の朝に並んで予約しなければならないといった話も聞きます。もっと市民が気軽に活用できる施設がたくさんあればうれしいです。
 子どもからお年寄りまで楽しめるのが将棋の魅力です。藤井四段効果もあってか、教室に多くの子どもが来てくれます。将来、仙台から立派な棋士が生まれるよう、指導や普及活動に力を入れていきたいです。


2017年07月11日火曜日


先頭に戻る