宮城のニュース

雄勝の夏 海鮮まつりにぎわう

ウニが格安で販売され、にぎわった海鮮まつり

 宮城県石巻市雄勝町産のウニやホヤなどを販売する「おがつ・夏・海鮮まつり」(おがつ復興市実行委員会主催)が2日、同町の仮設商店街「おがつ店こ屋街」で開かれ、県内外から1800人が訪れ、にぎわった。
 ウニ引換券を入手するための整理券を求め、午前8時半には約200人の行列ができた。殻付きウニは1箱(約10個入り)2000円で、用意した1100箱が瞬く間に売り切れた。
 午前5時半に並んだという石巻市の70代主婦は「仙台市に住む息子が毎年楽しみにしているので」と箱を手にして喜んだ。
 会場では海鮮丼や蒸しホヤなどを販売するブースもあり、人気を集めた。特設ステージでは、伊達の黒船太鼓保存会による迫力ある演奏などが披露され、まつりを盛り上げた。
 沢村文雄実行委員長(69)は「こうしたイベントで古里に足を運んでもらえればうれしい。観光客には雄勝ファンになってもらいたい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2017年07月12日水曜日


先頭に戻る