宮城のニュース

<ブルーベリー>摘み取り園 大崎で営業開始

ブルーベリーの実に手を伸ばす来園者

 大崎市鳴子温泉に6カ所あるブルーベリー摘み取り園が10日、今季の営業を始めた。訪れた客は、青紫色に熟した実を1粒ずつもぎ取り、夏の味覚を堪能した。8月20日ごろまで。
 中山平地区には4園が集まる。このうち、ゆさ果実工房は、約50アールにアーリーブルーやブルーレイなど約20種を無農薬、化学肥料不使用で栽培。甘みの強いわせ種は食べ頃を迎えた。
 石巻市の会社員高田禎典さん(48)は「完熟した実を選んで食べられるので、おいしさが違う」と満足した様子だった。
 園内食べ放題の入園料は6園共通で、大人(中学生以上)500円、小学生250円。持ち帰り用は200グラム500円。午前9時〜午後4時。各園で要予約。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月11日火曜日


先頭に戻る