宮城のニュース

<仙台満店>果物のおいしさ 気軽に

一つ一つ手作りのジェラートバーは現在6種類。リンゴソルベの中にキウイやイチゴの入った「プレミアムフルーツバー」(右・500円)、ヨーグルトソルベにキウイの入った「サンゴールドキウイ」(左・450円)。真ん中は「ミックスベリー」
余計な添加物は入れず吟味した食材を使ってイタリア製の機械で手作りしている。テークアウト用のカップ(冷凍)もあるのでお土産にも
渡辺さん(右)と奥さまの由美さん。「自分たちが本当においしいと思う質の良いものを作り出していきたい。塩釜にこの店ありといわれるように」と志は高い

◎ひんやりスイーツ ジェラテリア フルーツラボラトリー(塩釜市)

 今回紹介するのは港町・塩釜市本町通りに昨年6月にオープンした「ジェラテリア フルーツラボラトリー」。50年続く渡辺果物店の渡辺敬久さん(41)が、「果物のおいしさをもっと気軽に楽しんでもらえるように」と開いたジェラートのお店です。
 人気の定番イチゴや観光客にも評判の塩釜の「藻塩」入りジェラート(シングルカップ380円)のほか、スイカやグレープフルーツなど旬の彩り豊か。ふわり滑らかな口当たりで甘みを抑えた自然な果実味が広がります。
 「フルーツのプロとして、食べ頃を見極める目と、おいしさを逃さない処理の仕方を熟知しているのが強み」と渡辺さん。商品開発は奥さまの由美さんをはじめ、スタッフ全員でわいわい楽しく「研究室」のように取り組むそう。ビタミンカラーの店内で、スタッフの皆さんの笑顔が生き生きと輝いていました。
 同店でこれから種類を増やすなど力を入れていくつもりなのが棒アイス状のおしゃれなジェラートバー。「ミックスベリー」(450円)をいただくと、シャリっと滑らかに溶けていくイチゴソルベ(シャーベット)の中にイチゴやラズベリーの実がごろごろ。酸味と甘みのバランスといい、さっぱりとした後味といい、フルーツをそのまま食べているような爽やかさです。
 これから本格的に暑くなる季節にぴったり。塩釜に出掛けたら、街歩きの途中にぜひ立ち寄りたいお店です。(せ)

<メモ>塩釜市本町3の5▽午前10時〜午後6時▽月曜(祝日の場合は火曜)定休▽ジェラートカップ入りレギュラーフレーバー(380円)、プレミアムフレーバー(500円)。コーンはプラス50円▽店内にベンチあり▽022(349)4952。


関連ページ: 宮城 社会 仙台満店

2017年07月10日月曜日


先頭に戻る