宮城のニュース

暑さ容赦なし 仙台29.8度

強い日差しが降り注ぎ、日傘を広げる歩行者=11日午前9時50分ごろ、仙台市青葉区一番町3丁目

 宮城県内は11日、太平洋高気圧に覆われて厳しい暑さとなり、各地で気温が30度を超え、登米市米山では6日連続の真夏日を記録した。12日にかけて天気は下り坂となるが、気温は平年より高い状態が続く。
 仙台管区気象台によると、正午までの最高気温は丸森33.4度、蔵王32.7度、大衡32.0度、仙台29.8度など。志津川31.7度、女川31.2度は今年最高となった。
 仙台市中心部では、強い日差しを避けるため日傘を差して歩く市民の姿があった。管区気象台は熱中症の危険が特に高くなるとして、水分補給などを呼び掛けた。
 管区気象台によると、12日は梅雨前線が日本海を南下するため曇りで、昼すぎから夕方にかけて所により雨となる見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月11日火曜日


先頭に戻る