宮城のニュース

<甲子園への道>東北と古川工が中心

 第99回全国高校野球選手権宮城大会は14日、仙台市宮城野区のKoboパーク宮城(コボパ宮城)で開幕し、69チームが甲子園出場を懸けて熱戦を繰り広げる。優勝争いは2連覇を目指す東北と、春の東北大会で4年ぶりの優勝を果たして勢いに乗る仙台育英が軸になりそうだ。組み合わせをA〜Dの4ブロックに分けて大会を展望した。

◎高校野球宮城大会展望(上)A・Bブロック

 Aブロックは第1シードの東北が頭一つ抜き出る。第5シードの石巻工や昨夏8強の登米などが追う。
 東北は、長打力がある布施と植木を中心に打線が好調だ。投手陣も葛岡が春の県大会3試合で防御率0.56。古川原も東北大会準々決勝の羽黒(山形)戦で15奪三振の好投を見せた。準決勝は仙台育英に逆転サヨナラ負けをしており、終盤の粘りが課題となりそうだ。
 石巻工は12年ぶりにシード権を得て宮城大会に臨む。主戦森は春の県大会で1、2回戦を連続完封。準々決勝は仙台育英に屈したが、強力打線を2点に抑える好投で自信をつけた。
 Bブロックは激戦が予想される。春の県大会で18年ぶりに4強入りした第4シードの古川工が中心。昨夏8強の柴田、昨夏準優勝の利府も実力に差はない。
 古川工は春の県大会のチーム打率が2割9分6厘と打線に厚みが出てきたものの、左投手を苦にする場面も見せた。今大会は左腕に好投手が多いだけに、課題を克服する必要がある。柴田、利府の他にも昨夏8強の東北学院榴ケ岡や、プロ注目の左腕佐藤隼を擁する仙台も同じブロックに入った。


2017年07月11日火曜日


先頭に戻る