宮城のニュース

<放火母子死亡>2遺体は姉弟と判明

焼け跡から3人の遺体が見つかった住宅=2017年7月4日午前7時20分ごろ、宮城県登米市迫町佐沼

 宮城県登米市迫町佐沼の民家が全焼し、焼け跡から住人の島谷美由さん(31)と、幼児2人の遺体が見つかった事件で、2人の身元が11日、宮城県警佐沼署捜査本部の調べで長女真央ちゃん(3)と次男叶佑(きょうすけ)ちゃん(1)姉弟と判明した。死因はいずれも焼死。
 火災は4日未明に発生し、木造モルタル2階の住宅約270平方メートルが全焼。焼け跡から3人の遺体が見つかった。美由さんの身元は5日に判明し、死因は焼死だった。
 県警は4日、父親で会社員嘉昭容疑者(40)を放火の疑いで逮捕。調べに「布団にライターで火を付けた。火が回り、家族が死んでしまうかもしれないと思った」などと供述しており、捜査本部は殺人容疑での立件も視野に動機や犯行の経緯を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月12日水曜日


先頭に戻る