宮城のニュース

酒気帯び運転の副参事懲戒免職 石巻市

 石巻市は12日、酒気帯び運転などの罪で石巻簡裁から罰金39万円の略式命令を受けた粟野浩一総務部付副参事(52)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。
 市によると、粟野副参事は2月16日夜、仙台市若林区の仙台南部道路今泉インターチェンジ料金所出口で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した。粟野副参事は病気休職中だった。
 市はこのほか、12日付で福祉部の女性職員(21)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。職員は1月16日、石巻市内の国道398号で乗用車を運転中に反対車線にはみ出し、対向車と衝突。計2台の4人にけがを負わせ、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の罪で罰金50万円の略式命令を受けた。
 市の担当者は「市民や関係者におわび申し上げる。綱紀粛正に取り組みたい」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年07月13日木曜日


先頭に戻る