宮城のニュース

<楽天>イヌワシ高々 タカに連勝、首位ターン

 東北楽天がソフトバンクに零封勝ちで2連勝、貯金を今季最多の26に伸ばして前半戦を締めくくった。五回に2死一塁からペゲーロの20号となる右越え2ランで先制。先発岸が6回無失点の好投で7勝目。七回以降はハーマン、高梨、松井裕の継投でリードを守った。
 ソフトバンクは3安打と打線が振るわず、5回2失点と粘った先発松本裕ら投手陣を援護できなかった。


 ソフトバンク−東北楽天13回戦(東北楽天8勝5敗、18時、ヤフオクドーム、36,497人)

東北楽天  000020000=2
ソフトバンク000000000=0

(勝)岸13試合7勝3敗
(S)松井裕39試合3勝1敗27S
(敗)松本裕9試合2勝3敗

(本)ペゲーロ20号(2)(松本裕)=5回

☆梨田の話ダ

<岸は飛ばした>
 「昨日は石川、今日は松本裕と、ソフトバンクは若い投手がいいボールを投げていた。岸も何とか抑えなくちゃいけないと、最初から飛ばしたと思う」(親指から出血するほど、全力投球だった岸について)

☆イヌワシろっかーるーむ
<島内宏明外野手(五回2死走者なしからファウルで粘って内野安打。続くペゲーロの2ランを呼び込み、1番の役割を果たす)>
「なるべく多く塁に出ようと打席に入っている。全打席出塁できれば一番いいが」

<高梨雄平投手(八回に3番手で登板し無失点)>
「立ち上がりは地に足が付かず先頭に四球を出してしまったが、その後は開き直って投げたのが良かった」


2017年07月13日木曜日


先頭に戻る