宮城のニュース

<マイナビ>井上「ゴール決め貢献を」

スピードを生かした攻撃を武器にする井上(左)

 井上が調子を上げてきた。速さを武器にDFラインを破って好機を演出するなど、試合をこなすごとに安定感が増している。伊賀戦も先発が濃厚で「ゴールを決めて勝利に貢献したい」と話す。
 13日のミニゲームでは前線でタイミング良くボールを受け、積極的にゴールを狙った。越後監督は「スピードを生かした突破力に期待している。将来的に日本代表入りできる可能性がある」と素質を高く評価する。
 カップ戦はここまで全5試合に出場。6月11日のちふれAS埼玉戦で初先発し、前半15分に先制ゴールを挙げて勝利に貢献した。だが、以降3試合は無得点。チーム全体でも1得点と決定力不足に泣いており、井上にかかる期待は大きい。
 U−17(17歳以下)ワールドカップ代表メンバーに入るなど活躍し、入団5年目を迎えた。スピードに緩急を付けることや、パスを出す際の状況判断に磨きを掛けることを目指して練習を重ね、一層のステップアップを図る。
 仙台は現在2連敗中。「前回は負けたが、ゴールに向かって攻めることはできた。今回こそは勝ちにこだわる」と、強い気持ちで伊賀を迎え撃つ。(佐々木貴)


2017年07月15日土曜日


先頭に戻る