秋田のニュース

<クマ襲撃>遺跡を巡回中の市職員、顔にけが

東北で目撃数が増えているツキノワグマ(あきた森づくり活動サポートセンター提供)

 14日午前9時40分ごろ、秋田県北秋田市脇神の伊勢堂岱(いせどうたい)遺跡の敷地内で、市教委生涯学習課の宮腰正樹さん(54)=北秋田市七日市=が体長約1メートルのクマに襲われ、顔などにけがをした。命に別条はない。
 北秋田署や市によると、敷地内の展示施設では東北各地の市町村職員数十人が参加する遺跡整備の研修会が開かれていた。宮腰さんは市職員ら3人とクマよけのために爆竹を鳴らしながら見回り中で、他の職員と数メートル離れて爆竹を鳴らそうとした際に襲われた。
 伊勢堂岱遺跡は縄文時代の環状列石を主体とした国指定史跡。敷地内でクマの目撃が相次いだため、6月18日から一般公開を中止していた。市は15日から遺跡の一部公開を予定していたが、延期を決めた。


関連ページ: 秋田 社会

2017年07月15日土曜日


先頭に戻る