山形のニュース

<酒田強姦訴訟>法廷で被害女性暴行 懲役7年

 強姦(ごうかん)や監禁などの罪に問われ、山形地裁鶴岡支部で昨年11月にあった公判中、証人として出廷した被害者の女性の首を絞めてけがをさせたとして、傷害罪でも追起訴された住所不定、無職石川志信被告(41)に、山形地裁は14日、懲役7年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。
 児島光夫裁判長は「被害者の行動や性的自由を侵害した悪質な犯行。裁判の場で暴行を受けた精神的被害も大きい」と指摘した。
 公判で弁護側は「被害者の承諾があった」として、強姦罪などについて無罪を主張していた。
 判決によると、被告は昨年5月13日、女性の車に無理やり乗り込んで酒田市から富山県高岡市まで連れ回した上、乱暴するなどした。また、昨年11月11日、地裁鶴岡支部で証言に立った女性の首を絞め、けがをさせた。


関連ページ: 山形 社会

2017年07月15日土曜日


先頭に戻る