宮城のニュース

<マイナビ>リーグ杯 追い付かれドロー

 15日、宮城県利府町の宮城スタジアムなどで1次リーグ3試合が行われ、B組第8節でマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)は伊賀に1−1で引き分けた。仙台は1勝2分け3敗の勝ち点5となったが、5チーム中の4位のまま。2試合を残し1次リーグ敗退が決まった。
 次節は22日、仙台市のユアスタ仙台で浦和と対戦する。

◎安本PKで先制

【1次リーグ】
▽B組
マイナビ仙台(5)1 0−0 1 伊賀(4)
           1−1
▽得点者【マ】安本(PK)【伊】作間
▽観衆 456人

 仙台が逃げ切れず、引き分けた。後半5分、井上が得たPKを安本が落ち着いて決め先制したが、18分、伊賀にセットプレーから追い付かれた。仙台はその後、浜田や坂井らを投入して攻撃を仕掛けたが、勝ち越し点を奪えなかった。

<あと2点取れた/仙台・越後和男監督の話>
 スルーパスが良ければ(あと)2点は取れたと思う。相手のディフェンスに混乱があった時に仕留める技術と、シュートの前のパスの質の高さを求めていきたい。


2017年07月16日日曜日


先頭に戻る