宮城のニュース

<高校野球宮城>古川工 着実に加点

 ▽2回戦(コボパ宮城)
宮城水産・気仙沼西・石巻北0000000 =0
古     川     工2120002x=7
(七回コールドゲーム)

 【評】古川工が七回コールド勝ち。一回1死二、三塁で相沢が中前へ先制2点打を放ち、その後も着実に得点を重ねた。宮城水産・気仙沼西・石巻北は七回2死満塁の反撃機を生かせなかった。

<連合チーム「悔いなし」>
 宮城水産、気仙沼西、石巻北の連合チームは、第4シードの古川工に七回コールドで初戦敗退した。力を合わせて強豪に立ち向かった選手たちは「悔いはない」と胸を張った。
 序盤から失点を重ねる苦しい展開にも、マウンドに集まって「気合入れていこう」「まだ大丈夫」と笑顔で声を掛け合った。「九回まで試合ができず心残りだが、しっかり戦えた」と千葉貴主将(宮城水産)。
 部員不足のため、4月にチームを結成。3校で組むのは宮城大会で初のケース。合同練習は週末に限られたが、千葉貴主将は「チームワークは良かった」と仲間に感謝。荻野監督も「グラウンドでしか会えない仲間と楽しく野球ができたと思う」とねぎらった。


2017年07月16日日曜日


先頭に戻る