宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台育英 逆転勝ち

 ▽2回戦(コボパ宮城)
築  館3000000=3
仙台育英023142×=12
(七回コールドゲーム)

 【評】仙台育英が逆転勝ち。2−3の三回、無死1塁から山田の適時三塁打、前田の右犠飛などで3点を奪った。五回には山田の3点本塁打などで4点を加えた。築館は一回に3点を先制した後は打線が湿った。

<春夏連続出場へ好発進>
 春夏連続の甲子園出場を狙う仙台育英が七回コールド勝ちの好発進。3番山田が2安打4打点の活躍で勝利に貢献した。
 主戦長谷川が一回に3失点する悪い流れを、山田のバットで断ち切った。2−3の三回には同点打を放って逆転の口火を切り、五回には3点本塁打。ベンチからの「引きつけて打て」の声援を受け、右打席から狙った直球を思い切り引っ張って左翼席に運んだ。
 「みんなの声でスイングの感覚が良くなり、打った瞬間に『行った』と思った」と笑顔。劣勢にも「『明るく振る舞おう』と思った」という前向きな姿勢が好打につながった。


2017年07月16日日曜日


先頭に戻る