宮城のニュース

<都市対抗野球>日本製紙石巻、無得点で敗退

日本製紙石巻―ホンダ熊本 3回裏日本製紙石巻2死、二塁打を放つ篠川。捕手浜岡

 第3日は16日、東京ドームで1回戦3試合が行われ、日本製紙石巻(石巻市)はホンダ熊本(大津町)に0−4で敗れた。日本製紙石巻は先発塚本が2失点し、四回途中で降板。七、九回にも1点ずつ失った。打線はあと一本が出なかった。

◎先発塚本2失点

 ▽1回戦
ホンダ熊本(大津町) 000200101=4
日本製紙石巻(石巻市)000000000=0
(勝)荒西
(敗)塚本
(本)稲垣1号(1)(宝利)

 【評】日本製紙石巻は無得点で敗れた。先発塚本は四回、3連打を浴びるなどして2失点で降板。七回に2番手西村、九回に3番手宝利が1点ずつ失った。打線は二〜七回、得点圏に走者を置いたが、あと一本が出なかった。ホンダ熊本は荒西が6安打10奪三振で完封した。

<再三の好機も打線つながらず>
 日本製紙石巻は1点が遠かった。二〜七回、いずれも得点圏に走者を進めながら打線がつながらなかった。前田監督は「内外角をきっちり攻められてしまった。想定以上に出来が良かった」と相手の先発荒西の好投に脱帽した。
 2点を追う六回1死二、三塁。強攻策が裏目に出た。「スクイズも頭にあったが、(前の犠打を含め)二つのバントでアウトをやりたくない」。後藤、狭間が連続空振り三振に倒れ、反撃ムードはしぼんだ。
 各打者に狙い球は絞らせたものの「指示が中途半端だった」と悔やむ。好機で2度凡退した補強選手の西川は「打てる球をファウルにしてしまい、仕留められなかった。何も貢献できなかった」と肩を落とした。

<日本製紙石巻・塚本峻大投手(先発ながら四回途中2失点で降板)>
「四回は打ち取った当たりが長打になってしまい、気持ちの部分でのまれてしまった。(東日本大震災と熊本地震の)被災地対決と見られていただけに、勝利を届けたかった」


2017年07月17日月曜日


先頭に戻る