宮城のニュース

<宮城産ホヤ>専門料理店 廃棄減へ立ち上がる

内覧会で公開されたホヤ料理専門店

 ホヤ料理専門店「ほや&純米酒場 まぼ屋 仙台駅前店」が20日、仙台市青葉区中央1丁目にオープンする。飲食業の飛梅(青葉区)が宮城県産ホヤの消費を拡大し、廃棄処分される量を減らそうと企画した。
 メニューは定番の酢の物からカツレツ、しゃぶしゃぶなど29種類。苦手な人も口にできるよう、風味の強さを表す「ホヤ度」を5段階に分けて設定した。ホヤに合う日本酒も25種類以上常備している。
 同社の松野水緒(みお)業務本部長は「ホヤの大量廃棄をニュースで見て、このままではいけないと思った。多くの人にホヤのおいしさを知ってほしい」と話した。
 18日の内覧会に参加した宮城県水産業振興課の佐藤靖課長は「ホヤの専門店は国内初かもしれない。消費拡大につなげ、生産者を励ましたい」と語った。
 営業時間は午後5時〜午前0時。月曜定休。連絡先は022(796)6226。


関連ページ: 宮城 経済

2017年07月19日水曜日


先頭に戻る