宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台東 1回に猛攻

 ▽2回戦(石巻市民)
岩出山 00000=0
仙台東 7050×=12
(五回コールドゲーム)

 【評】仙台東が一回に畳み掛けた。2死満塁から佐久間が押し出し死球を誘い先制。さらに長谷川の中越え3点三塁打などでこの回7点を挙げた。三回は打者一巡の攻撃で5点を追加。岩出山は投手陣が乱調だった。

<7番長谷川の一打で勢いづく>
 仙台東は一回に打者11人の猛攻で、早々に試合を決めた。門脇主将は「昨年は1回戦敗退だっただけに、ほっとした」と表情を緩ませた。
 勢いをつけたのは7番長谷川。1−0の2死満塁、甘い直球を捉えると、打球は風に乗り中堅手の頭上を越えた。走者一掃の三塁打となり「大量点につなげられてよかった」とはにかんだ。
 選手10人の岩出山が相手でも気の緩みはなかった。「負けたら終わりなのは同じ。相手がどこでも関係ない」(門脇主将)と、全員が集中力を切らさなかった。


2017年07月19日水曜日


先頭に戻る