宮城のニュース

<白石工いじめ>監督ベンチ入らず「体調不良」

 いじめによる2年生部員への上級生の暴行が判明した白石工野球部の石垣勝監督は18日、初戦の迫桜戦で指揮を執らなかった。
 菅原健太郎部長は「体調不良でベンチに入れないと連絡があり、監督はスタンドから見守った。次戦はベンチ入りする予定」と説明した。試合は選手間で話し合って進めたという。同校は6月、日本高野連から文書で厳重注意を受け、野球部は練習を15日間自粛した。


2017年07月19日水曜日


先頭に戻る