福島のニュース

<富岡町長選>あす告示

 任期満了に伴う福島県富岡町長選は20日、告示される。ともに無所属で再選を目指す現職の宮本皓一氏(70)と新人の元町議山本育男氏(58)が立候補を表明しており、2人による一騎打ちとなる見通し。
 富岡町は今年4月1日、東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が一部を除いて解除された。選挙戦では住民の帰還促進や避難が続く帰還困難区域の復興策などが争点となる。
 宮本氏は診療所や複合商業施設などの生活インフラの整備に取り組んだ実績を強調。「帰還困難区域の除染を着実に進めることが使命だ」と訴える。
 山本氏は町内外での生活を支援する「生活サポート補助金」の創設などを公約に掲げる。帰還促進に向けて「安心して暮らせる町づくりを進める」と語る。
 町によると、町内での居住届を出した住民は123世帯193人(7月1日現在)で、住民登録者数1万3389人の1.4%に当たる。
 投開票は30日。6月1日現在の有権者は1万1464人。町議補選(欠員1)も同じ日程で行われる。


関連ページ: 福島 政治・行政

2017年07月19日水曜日


先頭に戻る