宮城のニュース

<高校野球宮城>黒川7回に逆転

 ▽2回戦(石巻市民)

佐 沼200001100=4
黒 川20000030×=5

 【評】黒川が逆転勝ち。2−4の七回1死二、三塁、岩城のスクイズ(記録は内野安打)で1点差。さらに、我妻の連続スクイズで二走岩城も生還して2点を奪った。佐沼は投手陣が粘り切れなかった。

 ◎勝負どころでバント攻勢
 黒川が勝負どころでバント攻勢を決め、3回戦進出を飾った。奪った5点のうち4点がスクイズ。2点を追う七回には2連続で決めて逆転に成功した。1死二、三塁から岩城が内野守備の間に絶妙な打球を転がして内野安打にし、盗塁で二進。続く我妻の打球を相手投手が一塁に送球した隙に、岩城が三塁を蹴って三走に続いて一気に本塁生還した。
 珍しい2ランスクイズを演出した岩城は「1点ずつ返して追い付こうとした結果。今後も自分たちができることを精いっぱいやるだけ」と胸を張る。2戦連続の2桁となる11安打と小技がかみ合った攻撃力を存分に発揮し、山中監督は「選手たちがよく頑張っている」と目を細めた。


2017年07月20日木曜日


先頭に戻る