宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台南序盤猛打

 ▽2回戦(仙台市民)

仙台南56000=11
白 石00001=1
(五回コールドゲーム)

 【評】仙台南が序盤で圧倒した。一回1死一塁から藤波の右翼線を破る適時三塁打で先制すると、この回5得点。二回も6点を挙げた。先発小田は五回2死まで無安打。白石は五回に1点を返すにとどまった。
 
 ◎藤波主将「つなげる打撃できた」

 仙台南が序盤の大量得点で快勝した。先制の適時三塁打を放った藤波主将は「みんなでつなげる自分たちの打撃ができた」と笑顔で振り返った。
 一、二回だけで計9安打。ミート重視の打撃を心掛け、ストライクを取りに来た甘い球を逃さなかった。大量リードに安心したせいか、三回以降は飛球が目立って無得点に終わり、藤波は「集中を切らさず最後まで自分たちの打撃を貫きたい」と次戦を見据えた。


2017年07月20日木曜日


先頭に戻る