山形のニュース

高容量リチウムイオン電池活用 農機具開発へ

市販されている草刈り機。高容量リチウムイオン電池と組み合わせた改良機の商品化を目指す

 山形大と小型屋外作業機械製造大手の「やまびこ」(東京)は19日、同大xEV飯豊研究センター(山形県飯豊町)が開発する高容量リチウムイオン電池を活用した電動農機具の商品化を目指し、共同研究を進めると発表した。

 同社が商品化した草刈り機やチェーンソー、除草剤散布機などの電動農機具に高容量リチウムイオン電池を組み合わせ、軽量化と長寿命化、長時間稼働を目指す。
 改良機は飯豊町の農家で実証実験を重ね、性能などを確かめる。農家から要望やアイデアを聞き取り、新商品の開発にもつなげる。
 環境規制の強化に伴い、農機具分野の電動化が進む一方、エンジン製品に比べ出力不足や連続稼働時間が短いといった課題が指摘されている。
 共同研究の拠点となる飯豊研究センターで記者会見した吉武秀哉教授(電池材料)は「売れる商品の開発を行い、新しいマーケットをつくっていきたい」と述べた。
 やまびこの前田克之専務は「電動化の流れは進んでいるが、市場は形成されていない。ユーザーに喜んでもらえる商品を作り上げたい」と話した。


関連ページ: 山形 経済

2017年07月20日木曜日


先頭に戻る