宮城のニュース

<楽天>延長サヨナラ負け 連勝6で途切れる

11回、日本ハム・松本(左)にサヨナラ内野安打を許した楽天・戸村=札幌ドーム

 東北楽天は延長の末にサヨナラ負けを喫した。十一回1死一、三塁から6番手戸村が松本に決勝の二塁内野安打を許した。連勝は6で途切れ、5番手金刃が今季初黒星。
 打線は六回に今江と島内の適時打で計3点を先取。先発塩見は7回無失点と好投したが、八回に2番手福山がレアードに同点3ランを浴びた。福山は登板37試合目で今季初の自責点。
 日本ハムは連敗を5で止めた。

 日本ハム−東北楽天13回戦(東北楽天10勝3敗、18時1分、札幌ドーム、21,323人)
東北楽天00000300000 3
日本ハム00000003001×4
(延長11回)
(勝)宮西31試合2勝3敗
(敗)金刃1試合1敗
(本)レアード21号(3)(福山)=8回

☆梨田の話ダ
<スパッと代えた> 
 「(松本への四球の後、中田に安打を許した投球は)スライダーがもう少しいいところに決まっていれば併殺だったかもしれない。3ランを打たれて切りがいいと思ってスパッと交代させた。走者を残して他の投手が打たれるような形よりいい」(福山の投球内容と交代の場面を振り返って)

☆イヌワシろっかーるーむ
<金刃憲人投手(延長十一回に今季初登板も1死一、三塁とされて交代)>
 「仕事ができず残念だ」

<今江年晶内野手(六回1死二塁から先制の中前打)>
 「フォークボールにうまく反応することができた。先制のチャンスでしっかりと仕事ができて良かった」


2017年07月21日金曜日


先頭に戻る