宮城のニュース

通知表ドキドキ 宮城の公立小中で終業式

初めての通知表を受け取る賀美石小の1年生

 宮城県内のほとんどの公立小中学校は20日、夏休み前最後の登校日となり、終業式や全校集会が行われた。
 加美町賀美石小(児童99人)では体育館で終業式があり、今藤啓元(こんとうひろもと)校長が「事故に気を付け、規則正しい生活を送り、お手伝いもして、楽しい夏休みにしてください」と呼び掛けた。
 児童の代表3人が1学期の生活を振り返った。4年の三浦静月(しづき)君(9)は「朝マラソンの成果で、去年より速く走れるようになった」と発表した。
 教室に戻った1年生20人は、担任の宇和野奈々教諭から初めての通知表を受け取った。渋谷ひまりさん(7)は「夏休みはキャンプに行って、バーベキューをしたい」と話した。
 この日終業式をしたのは小学校224校、中学校109校。2学期制の小学校151校、中学校89校は全校集会を開いた。夏休みは8月27日までの学校が多く、仙台市内は21〜25日に授業が再開される。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月21日金曜日


先頭に戻る