福島のニュース

<ハワイアンズ>日本一のスライダーが始動

スクリュー状にうねるチューブの中を滑り降りるビッグアロハ
ビッグアロハのスタート地点はビル10階に相当する高さだ

 福島県いわき市の温泉レジャー施設スパリゾートハワイアンズで21日、大規模なボディースライダー「ビッグアロハ」がオープンした。高低差40.5メートル、全長283メートルは、浮輪などを使わず体で滑るタイプで日本一。夏休み入りした子ども連れなどで初日からにぎわった。

 屋外に建設し、施設と連絡通路で結んだ。ビル10階に相当する高さから水が流れるチューブを時速30キロ程度で滑り降りる。ラインは2本。チューブ内には色とりどりの波や輪の模様が描かれ、視覚効果も楽しめる。
 運営会社の常磐興産(いわき市)が進める新施設などの開発計画の第1弾。料金は1回券500円など。
 家族で訪れた東京都文京区の小学5年佐々木理咲(りさ)さん(10)は「滑りながら周りの色が早く変わっていくのが面白かった」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2017年07月22日土曜日


先頭に戻る