福島のニュース

<福島豪雨>被害額は12億円超

 福島県は21日、17〜18日の大雨による只見、金山各町など会津地方の被害額を発表した。21日現在の集計で土木関係が約8億7000万円、農林水産関係が約4億800万円に上る。今後の調査で増える見込み。
 土木被害は24カ所で確認された。只見町内は20カ所で河川の護岸が崩壊したほか、国道289号の路肩が約50メートル崩壊して通行止めが続く。
 農林水産は林業関連の被害額が約4億200万円に達し、林道の路肩崩落などが53カ所で見つかった。農地関連は600万円、冠水などによる稲やトマトといった作物被害は約30万円。


関連ページ: 福島 社会

2017年07月22日土曜日


先頭に戻る