山形のニュース

<ラーメンエキスポ>伊料理店とコラボも

8種類の合作ラーメンを提供するイベントをPRするラーメン店主ら

 山形県庄内地域の有名ラーメン店が、それぞれ旅館や酒蔵などと合作したラーメンを持ち寄る「酒田のラーメンexpo(エキスポ)」が9月16〜18日、酒田市の東北公益文科大酒田キャンパスで開かれる。
 ラーメン店主や地元企業、市でつくる実行委員会が主催し、昨年に続き2回目。今年は福島、長野両県のラーメン店主がゲスト参加し、ラーメンやつけ麺計8種類を提供する。
 鶴岡市のイタリア料理店「アル・ケッチァーノ」の奥田政行オーナーシェフが初参加。酒田市の「麺工房さらしな」が作ったライ麦の特製麺にコンソメスープを合わせた「アンティパストラーメン」を出品する。
 酒田市の老舗「満月」とラーメンを出す旅館として人気の「琴平荘」(鶴岡市)の「夢の中華そば」は昨年に続きエントリー。「上喜元」で知られる酒田市の蔵元の甘酒を用いたエビワンタン麺、レシピ本の著作がある女性お笑い芸人と酒田市のつけ麺店とのコラボメニューもある。
 麺約150グラム入りで1日6400杯分を用意する。前売り券は2食分で1200円。全国のセブン−イレブンのほか、酒田市の観光物産施設「酒田夢の倶楽(くら)」などで購入できる。当日券は1食700円。
 午前10時〜午後6時。出展ブースごとに売り切れ次第終了。連絡先は実行委0234(41)0011。


関連ページ: 山形 経済

2017年07月23日日曜日


先頭に戻る