山形のニュース

<J2山形>首位湘南に快勝

山形−湘南 後半、山形の阪野(11)がシュートを決めて2−0とし鈴木(10)と喜ぶ

 第24節第1日(22日・NDソフトスタジアム山形ほか=9試合)山形は首位の湘南に3−0と完勝し連敗を4で止めた。通算成績は9勝8分け7敗、勝ち点35で、順位を13位に上げた。3位長崎は横浜FCに1−2で競り負けて同41で変わらず。横浜FCは勝ち点を38とし、5位になった。

◎後半3ゴール

 (2)NDスタ(山形2勝)
山形 3/0−0/0 湘南
     3−0
▽得点者 【山】加賀(1)阪野2(7)
▽観衆 7529人

 【評】山形が3得点で快勝した。後半12分、阪野のシュートのこぼれ球に反応した加賀が右足を振り抜き先制。29分、阪野がパスを頭でトラップした後、振り向きざまに右足で押し込んだ。38分には鈴木のシュートを阪野がゴール右隅に流し込み、湘南を突き放した。

<連敗ストップ>
 後半12分、先制のミドルシュートを放った山形の加賀は「遠かったけど決められて良かった」と、大量得点の口火となった移籍後初ゴールを喜んだ。
 首位湘南を相手に、序盤からショートパスを多用して何度もゴール前にボールを運んだ。だが、シュートエリア内で相手にはね返される展開が続いていただけに、もやもやした空気を一掃するゴールとなった。
 前節まで守備の連係の乱れが目立ちリーグ戦4連敗。この日は前線から相手にプレスを掛け、ゴール前に押し込まれても集中して攻撃をかわした。センターバックとして守りでも奮闘した加賀は「ここから連勝し、勝ち点3を積み重ねたい」と巻き返しを誓った。

<上位進出に全力/山形・木山隆之監督の話>
 集中力が高かったし、攻守共に動きも良かった。十分、勝ちに値する試合をしてくれた。一つ取れただけで喜んでいるわけにはいかない。ここから上位に入れるよう全力でやりたい。


2017年07月23日日曜日


先頭に戻る