福島のニュース

<福島第1>3号機、格納容器底にも溶融燃料

格納容器底部を上から撮影した映像。溶融燃料の可能性の高い物体が岩状に盛り上がって見える(国際廃炉研究開発機構提供)

 東京電力は22日、福島第1原発3号機の水中ロボットによる原子炉格納容器の内部調査を行い、格納容器の底部で溶融燃料(燃料デブリ)の可能性のある物体を撮影したと発表した。溶融燃料が圧力容器の底を突き抜け、格納容器下部に達している状況を映像で初めて捉えた。
 格納容器底部には一面に落下物が散乱。溶岩のように広がる黒っぽい塊や、降り積もった砂状の堆積物が撮影された。堆積物に埋まったような状態の作業用足場なども確認された。
 溶岩のような塊は、格納容器中央部の底から高さ1メートルほどの地点まで降り積もっていた。溶け落ちた核燃料が重なり合って固まったように見える。
 東電は今後、画像データを詳細に分析。溶融燃料の取り出しに向け、分布状況の把握や取り出し工法の検討に役立てる。
 22日の調査は午前5時から正午ごろまで実施。21日に調べた圧力容器直下からロボットを潜航させ、格納容器の床面に進ませた。ロボットを回収し、計3日の調査を終えた。
 前日の21日の調査では、溶融燃料の可能性が高い複数の固形物を初めて確認。制御棒駆動装置から枝のように垂れ下がった物体や、圧力容器を支える台座の壁付近に落下した岩のような塊などを撮影した。
 福島第1原発では1〜3号機が炉心溶融(メルトダウン)した。コンピューター解析で、3号機は核燃料の多くが圧力容器を突き抜け、格納容器の底に溶け落ちたとみられている。
 東電は今年1〜3月、1、2号機でも自走式ロボットを使った格納容器の内部調査を行った。堆積物などに阻まれ溶融燃料は撮影できなかった。


2017年07月23日日曜日


先頭に戻る