宮城のニュース

<仙台市長選>郡氏 一夜明け「責任重さ実感」

初当選を伝える朝刊に目を通す郡さん=24日午前9時30分ごろ、仙台市青葉区一番町の事務所

 23日投開票の仙台市長選から一夜明けた24日朝、初当選した元衆院議員郡和子さん(60)が青葉区一番町の事務所で記者会見し、「市長は一国一城のあるじ。国会議員のバッジを着けたとき以上に責任の重さを実感している」と心境を語った。

 市内でいじめに絡む中学生の自殺が相次いでいる問題を念頭に、喫緊の課題として「教育行政の信頼回復」を挙げた。「遺族の思いに沿った真相究明をどこまで進められるか。いの一番で取り組む」と強調した。
 東北最大都市のトップに就くことについては「東北にとって少子高齢化が深刻な課題。仙台だけが独り勝ちするのでなく、東北全体でお互いに伸びていきたい」と、広域連携に意欲を示した。
 選挙戦で対立候補を応援した村井嘉浩宮城県知事、現職の奥山恵美子市長との関係を問われ、「選挙が終わったので、もうノーサイド。是々非々で対応していく」と述べた。
 市長に就任する8月22日までの過ごし方については「重要な政権構想期間。速やかに市政を動かせるよう努力したい」と話した。


2017年07月24日月曜日


先頭に戻る