宮城のニュース

<仙台市長選出口調査>奥山市政批判票 郡氏に 

 河北新報社が実施した仙台市長選の出口調査の結果、奥山恵美子市長の市政運営に批判的な有権者の多くが、当選した郡和子氏(60)を投票先に選ぶ傾向がみられた=グラフ=。奥山氏が菅原裕典氏(57)を支援したことから、郡氏は選挙戦で奥山氏からの離反姿勢を強めていた。
 奥山市政を「高く評価している」と答えた人の投票先は菅原氏がトップ。郡氏は「あまり評価していない」「まったく評価していない」の回答者で首位だった。
 郡氏は当初、奥山市政継承の方針を示したが、奥山氏が菅原氏支援を表明後の河北新報社のアンケートでは、市政の継承か刷新かは「どちらとも言えない」と回答。奥山市政への評価(100点満点)も、4候補で最低の60点だった。
 出口調査の結果について奥山氏は24日、「首長は6割、7割の賛同を得ないとスムーズに進まない。郡さんは、幅広い市民の理解を得るような政策に取り組むと思う」と話した。
 出口調査は23日に実施。1944人の回答を得た。


2017年07月25日火曜日


先頭に戻る