宮城のニュース

<高校野球宮城>石巻工攻め勝つ

石巻西−石巻工 6回表石巻工2死一、二塁、左越えに2点三塁打を放ち、塁上でガッツポーズをする阿部太

 ▽3回戦(石巻市民)

石巻工401103012=12
石巻西211101001=7

 【評】石巻工が攻め勝った。一回1死満塁から阿部太の2点打など4点を先取。6−5の六回には再び阿部太の適時三塁打などで3点を加えた。石巻西は小刻みに加点して迫ったが、投手陣が粘り切れなかった。

<石巻西・辻山主将(九回2死二、三塁で一飛に倒れる)>
「次の打者につなげなくて申し訳ない。主将としてチームを鼓舞し、士気を高め、シード校の石巻工に食らい付けたことに悔いはない」

<阿部太活躍5安打6打点>
 石巻工の阿部太が5打数5安打6打点と当たりまくった。これまでに経験がないという大活躍に「自分でもびっくり」と照れる。
 一回1死満塁の好機に右前へライナーで適時打を放って勢いに乗り、六回は左越えの2点三塁打。「しっかり手元に感触があった」と納得の一打だった。
 2回戦の2安打1打点に続く複数安打と打点をマーク。大会前、打席で体が前のめりになる欠点を解消するため、球を引きつけて打つ意識を徹底した成果が出た。利根川監督は「もう、ひと大会分くらい打ったんじゃないかな。いい打撃になってきた」と冗談交じりにたたえた。


2017年07月25日火曜日


先頭に戻る