岩手のニュース

<仙台市長戦>実力勝負順当な結果 岩手県知事

 元民進党衆院議員の郡和子氏(60)が初当選した仙台市長選について、達増拓也岩手県知事は24日の定例記者会見で「実力勝負で順当な結果」と評した。
 国政の与野党対決が持ち込まれた選挙戦を達増知事は「(安倍内閣の)支持率が70%くらいであれば風が吹き、(郡氏との)実力差をはね返すこともあったが、そういう特別なことはなかった」と政権与党への皮肉を交えて分析した。
 達増知事は、旧民主党の衆院議員時代に郡氏と活動を共にしており「東北に地盤を持つ議員同士、親しくしてもらった。(郡氏は)経験、実績に基づき、市政も立派なかじ取りができると思う。大いに期待したい」と語った。


2017年07月25日火曜日


先頭に戻る