秋田のニュース

<秋田豪雨>避難所運営、日頃の防災教育生きる

平和中の体育館に避難する特別養護老人ホームの利用者ら=23日午前11時20分ごろ、秋田県大仙市神宮寺(同校提供)

 22日から23日にかけて秋田県内に降り続いた大雨で、大仙市では雄物川の上流3カ所が氾濫した。避難所の一つとなった同市平和中には、特別養護老人ホームの入所者約70人を含む約200人が避難したが、大きな混乱はなかった。スムーズな避難所運営につながったのは、同校が力を入れてきた防災教育。東日本大震災や昨年夏の台風10号豪雨を教訓に、地道に訓練を重ねた成果が生かされた。
 平和中は雄物川の北、約2.5キロにある。震災の教訓を生かそうと、2013年から毎年、避難所の開設や炊き出し、給水などを訓練している。岩手県大槌町の被災住民との交流活動にも取り組んでいる。
 今回の大雨では23日午前4時半ごろ、地区の1059世帯、2786人に避難指示(緊急)が発令され、同校が避難先に指定された。集まった職員と生徒十数人は、体育館に畳を敷いたり、仮設トイレを設置したりして準備に当たった。3年佐々木萌生さん(15)は「訓練をしていたので、何をすべきかは自然と分かっていた」と話す。
 同校には、約1キロ離れた特別養護老人ホームの入所者70人も避難。寝たきりの入所者も多かったが、ホームの職員約20人が何度も往復して搬送し、混乱はなかった。台風10号豪雨で岩手県岩泉町の高齢者グループホームで入所者9人が死亡したことを受け、学校と施設が互いに避難経路などを確認していた。
 同校の千田寿彦校長(57)は「日頃の訓練が、いざという時に役に立った」と振り返った。


関連ページ: 秋田 社会

2017年07月25日火曜日


先頭に戻る