宮城のニュース

<登米・母子焼死>放火罪で父親起訴 殺人罪は断念

 宮城県登米市迫町佐沼の民家が放火で全焼し、焼け跡から母子3人の焼死体が見つかった事件で、仙台地検は25日、現住建造物等放火罪で、父親の会社員島谷嘉昭容疑者(40)を起訴した。
 起訴状によると、島谷被告は4日午前2時半ごろ、自宅2階の寝室の布団にライターで火を付け、全焼させたとされる。焼け跡から妻美由さん(31)と長女真央ちゃん(3)、次男叶佑(きょうすけ)ちゃん(1)の遺体が見つかった。
 宮城県警佐沼署捜査本部は、被告に「3人が死んでも構わない」という未必の故意があったとみて、殺人罪での立件も視野に入れて捜査を進めていたが、立証は困難と判断した。
 地検によると、被告はオイルライターで、3人が寝ていた寝室の隣にある自室の布団に火を付けた。
 被告は逮捕時、「家族が死んでもいいと思った」などと殺意をほのめかす供述をしたが、それ以上の動機につながる具体的な供述が得られなかった。出火当時、被告の両親らが起きており、消火活動ができる状況にもあったことから殺意は認定できなかったという。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月26日水曜日


先頭に戻る